「こうしないと」、「これがあたり前」、「これが世間常識」

 

それは、事実ですか?

 

 

 

あなたの「常識」が、別の世界では「非常識」であることを知っていますか?

 

あなたが今までに出会ったことのない事実に出会うと、それは「嘘」「常識ではありえない」話と思い込んでいませんか?

 

「常識とは18歳までに身につけた、偏見のコレクションである」 アインシュタイン

 

“ Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen.” Einstein

 

上流から下流に流れてくる話の多くは、「非常識」と感じられる可能性があります。

 

それをどうやって「ホンモノ」と判別するのか?

 

通常、人は「好ましい結果」を積み重ねた末に、「ホンモノ」と判断するのではないですか?

 

その「ホンモノ」の情報があるのが、JSA(上昇アカデミー)です。

 

「そんなのあり得ない」

 

目の前にあるチャンスを、過去の「常識」にとらわれたまま見過ごしますか?

 

それとも、「非常識」が新しく「常識」に変わることを「体感」しますか?

 

その「体感」への好奇心こそが、あなたの道を切り拓きます。

 

「好奇心こそが、いつだって新たな道へと導びいてくれる」ウォルト・ディズニー

 

”Curiosity keeps leading us down new paths.” Walt Disney

 

今、その上昇アカデミーが、とんでもなく「非常識」な新しいスキームを、私たちに伝えてくれようとしています。

驚きしかありません。

 

 

わくわく、ワクワク!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です