今日はちょっとスピリチャルなお話。

 

「アガスティアの葉」のことを聞いたいたことがありますか?

 

アガスティアとは、5000年前にインドに実在したとされている聖人のこと。

アガスティアの葉とは、世界中の個々の運命を、古代タミル語で記述した預言書のことです。

 

20数年前に、医師で理学博士でもある青山圭秀氏の著書「アガスティアの葉」がブームのきっかけになったようです。

詳しいことに興味のある方は以下のリンクをご参照下さい。

 

当時は、サイババの存在がTVで話題になった頃で、その記憶は多少あるのですが、アガスティアの葉の存在は、最近まで全く知りませんでした。

 

私がその存在を知ったきっかけは、スピリチャルのメンターです。

 

その方がご自身のアガスティアの葉と不思議な体験の数々を、目の前で公開して下さいました。その預言書が現実になったという事実に、ただただ驚きを隠せませんでした。以前よりも目に見えない世界の存在を信じるようになりました。

 

後に、長年尊敬している投資家のご夫婦が、アガスティアの葉を開けにインドへ何度か訪問されたことを知るのですが・・・そのご夫婦も、その葉に予言してあることが、驚くほどに一致して起きるというのです。

 

お二人はお子さまの誕生を待ち望んでいらっしゃったのですが、預言書にある時期に、予言通りの性別のお子様を授かることになるのです。

 

慕っているメンターのお二人が、アガスティアの葉に記された通りの人生を経験している。

 

もともと好奇心の強い私は、即座にアガスティアの葉を開けることに決めました。

 

中には、「自分の人生が、預言書どおりになると言われたら、開けるのは怖い」と思う方もありますが、私に迷いは全くありませんでした。

 

私はそれまで、理想に近づくためにチャレンジするものの、目に見える結果がなかなか出ず、その先の人生に迷いが出始めた時期でした。

もしも、努力の先に、求めている未来がないのなら、これ以上追及するのは時間の無駄だと思いました。

 

そして、そこから2カ月。私のアガスティアの葉は...

 

 

 

 

見つかりました!

(その人のタイミングによっては、自分の葉が見つからないこともあるようです。)

 

葉を開けると、良いことも、そうでないことも書いてありました。

でも、私の未来には、期待以上の、今からは想像もつかない姿が記されていました。

 

この道を私なりに進んでいけばいい。方向は間違っていない。

 

アガスティアの葉を開けることで、希望が生まれました。

 

でも、この預言書を読んだから、期待通りだったから、何もしないということではありません。

自分を生かすのは、他の誰でもない私。

 

それ以上の人生を創造するつもりで、この先を歩んで行きます!!

 

この先、アガスティアの葉に書かれたことを検証すると面白いかもしれませんね。

 

 

アガスティアの葉とは

https://travel-noted.jp/posts/10102

 

NAVERまとめ 【神秘】あなたの前世、来世、今生のデータが書かれたアガスティアの葉

https://matome.naver.jp/odai/2152118396535888501

 

※「アガスティアの葉」の検索結果からわかりやすいものを引用させていただきました。サイトに表示された商品等を個人的にお勧めしているものではありません。

2 Replies to “アガスティアの葉”

  1. 以前サイババがブームになった時の葉っぱと同じものなんですね!
    とっても興味あります。
    自分の葉っぱを見てみたいです。

    1. けい子さん、ご興味があればぜひ。
      最近では存在すら知らない方がほとんどで、葉を開けた人となると、さらに少ないと思われます。
      私は、人生の大まかな流れと、金銭や家族、仕事について、の気になる3室を開けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です