日頃、あなたは大切な人に感謝を伝えていますか?

 

友達や仕事仲間には、普段からありがとうの言葉や、

労いの言葉をかけているかもしれませんね。

 

でもそれが一旦、一番近い家族となるとどうでしょうか?

 

案外、伝えていない人が多いのでは?

 

 

 

数年前の事になりますが、

 

私が一時大きな悩みを抱えていた頃、ある一つの出会いがありました。

 

ありのままの気持ちを、筆をとおして表現する「心書(しんしょ)」というものです。

 

 

その「心書」は、単なる筆文字ではありません。

 

「ありのままの感情を、筆を通して表現する筆文字」です。

 

 

 

まず、誰に書くかを決めた後、その人の事をイメージします。

 

 

例えば、感謝を伝えたいなら、

 

その人にどんなことを感謝しているのか、その人との具体的なエピソードを思い起こしながら、今の自分の気持ちを存分に味わいます。

 

そして、その感謝の気持ちが高まったうえで、はじめてその気持ちを文字に表現するのです。

 

 

 

心書に出会った日のワークショップで、私は父に今までの感謝の気持ちを表現しました。

 

そして、父が八十歳を迎えた誕生日に、その書と精一杯の感謝の手紙を添えて渡しました。

 

 

 

 

父はその時に、照れながらも嬉しそうに受け取ってくれました。

 

それを機会に、両親に対する今までの感謝の気持ちを、より自然に持てるようになりましたし、伝えられるようになってきました。

 

同時に、自分の中にもなんとなく変化を感じていました。

 

 

親との関係は 自分との関係

 

「親子関係がうまく行っている人は、ビジネスもうまく行く」

 

「なにかビジネスで問題があるなら、親子関係を見直してみて」

 

以前、こんなことを聞きました。

 

 

その関連性はなんだろう?と疑問に思って、早速ググりました。

(何かあればいつでも「グーグル先生」)

 

 

自分を信じることの根源になるのが、親子関係。

自分を信じるためには、自分の根源を信じる必要がある。

 

自分の根源とは、すなわち自分の中に流れる血。

特に一番、濃い血が流れているのは、自分の父親と母親の血。

 

父や母に感謝できるか、本当に甘えることができるかどうかが、

「自分を本当に信じることができるかどうか」につながる。

 

自分の根源が固まれば、自己肯定感が高まり、

問題や壁にぶつかってもそれを乗り越え、前に進めるようになる。

 

 

というではないですか?!

 

なんだか、とても腑に落ちました。

 

 

自分の中の変化とは、もしかしたら「自信」に繋がっていたのかもしれない。

 

 

 

ぜひ、あなたももっと積極的に、

 

ご両親や家族に感謝の気持ちを伝えてみましょう。

 

ちょうど、次の日曜日は「母の日」。

 

今までの感謝の気持ちを、言葉や文字にして伝えませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です