読書の魅力は、

 

著者の発見や体験

 

学びや知恵

 

今の時代には知り得なかった事実など

 

時間や空間を超えて、

 

「自分が知らない世界」を教えてくれる

 

ところにあるような気がします。

 

そういう意味で、私はビジネス書や伝記などをよく読みます。

 

人生の先輩が語る言葉には、そこに深い気づきがあります。

 

よくある「偉人の名言」には、その人の人生だからこそ悟った、物事の深い真理を感じ取ることができて、とても魅力を感じます。

 

人生で一人の人が実際に体験できることは限られています。

 

その分、読書は自分が体験してない事への想像を膨らましてくれたり、疑似体験をさせてくれたりする

 

読書がこんなに素晴らしいものだという事を、私は大人になってから気づきました。

 

日本人は、学校教育が終われば、ほとんど学ぶことをしなくなる、と言います。

 

本当に残念な事実です。

 

「人生は生涯学び」

 

 

 

Amazonでお買い物をしていたら、またとても魅力的な本を見つけました。

もちろんその場で、サクッと注文です。

 

私が尊敬している投資家の方に紹介していただいた「致知出版社」からは、本当に学びの多い名著が数多く出版されています。

 

今回の本は、その致知出版社の代表誌「致知」編集長の著者が、35年余に及ぶ膨大な取材を通じて得た”人生を成功に導くための10篇”を綴ったもの、です。

「人生の大則」

藤尾秀昭(致知出版社)

 

「人生の大則」とは、人生で一番大事な法則です。

 

それをこの一冊に凝縮しているなんて、なんて魅力的!見つけた瞬間、即買いです。

(興味のある人は、ぜひググって本の内容紹介をご覧くださいね。大事なのはまず「行動」です。)

 

もちろん、読むことはあくまでも「疑似体験」

 

それを自分の体験と照らし合わせて、そこから新たな学びを得るのは「実体験」

 

 

あなたも、一度きりの人生を豊かにするために、もっと学びませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です