林修先生のお名前は、あなたもきっとご存知でしょう。

 

東大法学部出身、東進ハイスクールのカリスマ講師として一躍有名になり、今もマルチタレントとして活躍されています。

 

あるバラエティー番組で、林修先生が仰っていました。

 

林流「歴史の読み方」

 

戦に勝つときは、とんでもない偶然が起きることがある。

 

でも、負けるときは意外と共通していて、その敗因は3つ

 

その3つ、あなたは何だと思いますか?

 

歴史に詳しいあなたも、そうでないあなたも、考えてみて下さい。

 

 

負ける人物の3つの共通点。

 

林先生がいう、その答えは。

 

 情報不足

 

 慢心

 

 思い込み

 

 

 

「歴史に学べ」

私たちの時代でも、これら3つの項目は「負ける人の共通点」だと置き換えられませんか?

 

 

まず、「情報」があるかないか。

相手戦陣の規模や戦略ルート、部隊配置や攻撃地点。

情報の有無で、その戦の勝敗は決まっているようなもの。

 

 

日露戦争で、日本はイギリスの力を借りて情報戦に勝利したと言われています。

 

また、太平洋戦争では、戦況の客観的判断材料を無視して、主観的な戦いを続けてしまったため、情報戦で敗北したと言われています。

 

現代の私たちの身の回りでも、情報があるかないかで、結果が大きく左右されるシーンは数え切れません。

 

 

 

そして、「慢心」

おれはできる、という自信。

 

過去の栄光にとらわれていませんか?

今調子が良いからといって、その状態がずっと続くと思っていませんか?

 

 

さらに、これでいいはず、という「思い込み」

 

「思い込み」とは、常識・前例・先入観・固定観念を根拠に、ある考え方に執着して深く信じ込むこと、です。

 

戦に負ければ(人生の戦略を間違えば)、自分や家族の命が奪われるかもしれない。

そんな状況で、「思い込み」は危険ではないですか?

 

「思い込みは、あなたの人生、生活、考え方などすべてに関与している」

心理学者の鈴木敏昭氏は、著書『人生の99%は思い込み』のなかでこう言っています。

あなたの人生も「思い込み」に縛られているかもしれません。

ここでちょっと、あなたの思い込みに迫るテストをしてみましょうか。

 

 

次の設問で当てはまるものにチェックをつけて下さい。

 □ 子どもが学校へ行くのは当然だ。

 □ 場の空気に水を差さない方がよい。

 □ 女性に年齢を聞くべきではない。

 □ デートでは男の方がおごるべきだ。

 □ 相手の年齢・地位などによって対応を変えるのは当然だ。

 □ 社員(生徒)の不祥事に上司(校長)が直接関係なくても謝罪するのは当然だ。

 □ みんなが残業しているときに、一人だけ定時に帰るのはおかしい。

 □ 外出前に髪や化粧(とくに女性)など身だしなみを整えるのは当然だ。

 □ 年賀状などには返事をするべきだ。

 □ 大人になったら、結婚して子どもを持つべきだ。

 

6個以上印が付いたら、あなたは常識に縛られているそうです。

これらの項目に疑問を感じなければ、かなり思い込み度が高いといえます。

 

 

 

「歴史に学べ」

 

 

 

これからどんな時代になるのか?

未来を読む「真の情報」を持たずに、あなたは戦場に乗り込もうとしていませんか?

 

安心してください。

「情報不足」については、こちらから補えますよ。

 

上昇アカデミー(Line@に参加)

http://bit.ly/2ojc2HN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です