お金の勉強していますか?

 

来年10月には、いよいよ消費税率10%ですね。

 

 

最近のサラーリーマンのお給料事情はいかがですか?

税率アップ相当額以上の給与増は見込めますか?

 

これまでの消費税導入、税率アップの時の事を思い出してください。

あなたの家計に大きな影響はありませんでしたか?

 

1989年4月:消費税導入3%(全額国税消費税)

1997年4月:消費税等5%(国税消費税4% 地方消費税1%)

2014年4月:消費税等8%(国税消費税6.3% 地方消費税1.7%)

 

そして、来年の消費税率アップ

2019年10月:消費税等10%(国税消費税7.8% 地方消費税2.2%)

 

「給料は上がらないのに、消費税率が上がってますます大変!!」

 

導入時期が近づくにつれ、こんな声が聞こえてきそうです。

 

家計を預かる主婦の方ならご存知でしょう。

商品そのもの値段はほぼ変わらなくても、多くの商品の容量が減っていること。

メーカーは簡単には価格を上げることはできませんものね。

 

お金を銀行に預けても、ほぼ利息は無いに等しい。

インフレが進めば、現金が一番お金の価値が下がりやすいですよね。

 

保険で節税?その保険、インフレに対応していますか?

保険は人生で家の次に大きな買い物といわれています。

勧められるままに契約せず、よく検討したほうがいいですよ。

 

消費税導入までに、まだ1年以上あります。

今から何か対策を考えたほうがいいかもしれませんね。

 

あなたなら、もっと「節約」する? 「稼ぐ」

それとも...「増やす」

 

 

つい先日、国家公務員が「兼業」容認の記事が、日本経済新聞に掲載されました。

地方公務員まで波及するのは時間の問題ですね。

 

大手企業に続き、いよいよ公務員まで事実上の副業容認です。

 

あなたはこの事実をどのように受け止めますか?

 

やっぱりもう国は面倒見てくれない。

生活していくには自助努力が必要なんだ、と気づいてください。

 

「お金のことばかり考えるなんて卑しい」

 

そんなことを言っている場合ではありませんよ。

 

まずはお金の勉強を始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です