子供が見ていたアニメの日常会話に飛び出す言葉。

 

すっかり関連CMは見なくなったものの、これから数年のうちに、あっと言う間に浸透していくんだろうな。

 

あなたは、この言葉をきいてピンときますか?

 

 

ある金曜日の夕方。

 

いつものように、子供たちがアニメ番組を観ていました。

 

私は他の用事をしながら、傍らに座っていたのですが…

 

そのアニメの中の会話です。

 

主人公の男の子が、大好きなお菓子を手に入れるために、「お手伝いポイント」をカードに貯めようとしているシーンです。

 

子 「ポイントためて、チョコビ(お菓子)いーっぱいもらうぞー。」

 

父 「ふーん、仮想通貨ならぬ、仮想チョコだな。」

 

子 「仮装チョコビ?」

 

父 「いや、その仮装じゃなくて・・・」

  「なんっつーのかな・・・データとして存在しているチョコビっつうか・・・。」

  「そのカードに押されたスタンプの数だけ、もうチョコビを持っているわけさ。」

 

 

もう子供向けの人気アニメで出てくる話題だという事ですね。

 

でも、それも当然です。

すでにいろんな場面で「データとして存在する通貨」が使われ始めているのですから。

 

電子決済が浸透してきている中、お金そのものが電子化するのは必然の流れです。

 

友達間でもウェブ上でお金のやり取りができ、「割り勘」の際にも便利なアプリがあるのをご存知ですか?

 

代表的なもので言えば、次のようなものです。

 

・LINE Pay(ラインペイ)

・paymo(ペイモ)

・Kyash(キャッシュ)

 

環境は着々と整っています。

使っている人は、もう使いこなしています。

 

私にはまだ使えない?

 

有無を言わさず、強制的に使わざるを得ない状況になるかもしれません。

 

世界には、電子決済が普及して、現金が使えなくなった国があります。

 

日本では銀行口座を持っているのは当たり前ですよね。

でも、世界には銀行口座を持つことが出来ず、思うように取引ができない人たちがいます。そんな人たちが、スマホで瞬時に電子決済出来るようになれば、いかに便利になるか。

 

知っていますか?

 

アフリカ・ケニアのマサイ族。

 

今や、テレビを持っていない人がスマホを持ち、電気がないところですらインターネットは届いている。すでにスマホは欠かせない生活の一部になっています。

 

 

日本はいつまで先進国でいられるのでしょうか?

 

電子決済やキャッシュレス化では、日本はアジアの国でも出遅れています。

 

それでも2020年のオリンピック・パラリンピックの東京大会開催前に、キャッシュレス決済が普及してくるでしょう。そうしなければ、世界的な潮流に乗り遅れてしまいます。

 

どうせなら、あなたも今からキャッシュレス環境を整えて、人にやり方を教えてあげましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です