3:10:60:27

 

この数字が何を表すかご存知ですか?

 

これは絶対的な数値です。世の中の事象がすべてこれに当てはまります。

自然の法則です。

 

 

資本主義社会の現在、日本で年収1000万円以上の「世帯の割合」は、近年おおよそ12~13%。

 

意外と多いと感じましたか?

 

共働きが多い現在、現実味がある数字ですね。

でも世帯で年収1000万円では、さほど経済的な豊かさは感じられないようです。

 

そして、金融資産保有額が1億円以上の「富裕層」と5億円以上の「超富裕層」を合わせた富裕層世帯の割合は、2.3%。(2015年野村総合研究所「純資産調査」)

 

本当の意味でゆとりを感じられる富裕世帯は、3%に満たない。ごくわずかですよね。

 

でも、この資本主義社会はもう終わりに近づいている。

 

これから確実にやってくる情報化社会では、「情報を持つか持たないか」が豊かさに直結します。

 

世の中の27%は、情報に何の関心も示さず(貧困層)

60%は、情報が大事だと知っているが、取る場所を知らない(一般層)

10%は、実際に情報を取り、それなりに行動する(準富裕層)

3%は、情報を生かして確実に結果を出す(富裕層)

 

次の時流を先取りしているビジネスコミュニティーJSAは、確実に情報化社会の上位13%に繋がる場所であるのは間違いありません。

 

上流にしかない「真の情報」がある場所です。

自立できるビジネススキルを基礎から学べる場所です。

 

ただ、JSAの中にも、この比率は存在しています。

 

27%は、存在しているだけで情報を取っていない

60%は、情報を取っているだけ(行動しない)

10%は、情報を取りそれなりに行動している(いずれ結果がでる)

3%は、情報を取り確実に行動している(すでに成功者)

 

そして、興味深いのは、3%の中にも、さらに3:10:60:27 の比率が存在していること。

 

3%の3%、つまり0.09%は、確実に超富裕層になります。

そして、子々孫々、これから末代まで繁栄を約束されるのです。

 

あなたには、JSAがそんな位置づけにあることを知ってほしい。

 

それを「知ってさえいれば」(これも情報)、

そして「行動さえすれば」(これが本当に大事)、

 

確実に人生が変わるでしょう。

 

まずは、第4次産業革命以降、確実に「富裕層に繋がる環境」に一歩を踏み出すのです。

 

 

ただ、残念なことに、

これを読んでも、同様の比率で、

行動する人としない人がいることを知っていてください

 

あなたは目の前の情報を、取りますか?取りませんか?

 

 

 

富裕層 3%の未来に繋がる人はこちらから。

 

JSAの入口(LINE@に参加)

http://bit.ly/2ojc2HN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です