何かにチャレンジをしている時、

必ずあなたの目の前に大なり小なりの「壁」が現れます。

 

あなたなら、どうしますか?

 

 

 

例えば、あなたが目指している山の頂上までには、ゆるやかな道もあれば、険しい道もある。

でも、一度登頂すると決めていれば、少々険しい道で迷ったとしても、上をみて歩き続ける限り、いずれは辿りつけます。

 

頂上まで辿りついたら、頂上からの絶景が素晴らしいことを想像できるから。

道のりが険しいほど、やり遂げたという達成感や清々しさを味わえると知っているから。

 

では、今あなたが目指している夢や目標に置き換えてみましょう。

 

どうしても手に入れたい「もの」、または「状態」があるとします。

その途中で経験したことのない困難が訪れた時、あなたはどうしますか?

自分一人でどうにかしようとしますか?

それとも、経験者を探してアドバイスを得ますか?

 

達成するためにどうしても必要なものがあった場合、あなたはどうしますか?

 

今の自分には足りないから仕方ない、とあきらめますか?

それとも、どこかから調達してきてでも、チャレンジを続けますか?

 

客観的に考えると、だれでも後者を選択する、と思うでしょう?

では、なぜ多くの人がその選択を出来ずに、諦めてしまうのでしょう。

 

それは、

達成したその先に、周りの人にどんな影響を与えるのか、どんな喜びや感動が待っているか、その時の景色や感情を具体的にイメージできていないからです。

 

そして、そんな自分の姿に、心の奥底で「疑い」を持っているからではないですか?

「本当に自分にできるのだろうか?」

 

もしかしたら、目の前に立ちはだかる壁を越えられないのは、最終的に自分の事を信じてあげられていない、あなたの心が原因かもしれません。

 

自分を信じることが出来ないから、いろんな問題を取り上げて「言い訳」をしたり、出来ない理由に都合の良い「思い込み」をしてしまうのではないですか?

 

お金がないから

時間がないから

環境が悪いから

周りが反対するから

もう年だから

 

自分を信じる。「自信」。

 

成功者の多くが「根拠のある自信」を持っています。

実際に、いろんなことを行動して試して、成功体験を積み重ねているからです。

 

自信がないという人に限って、「行動」せずに言い訳をしています。

あなたはその夢や目標に向けて「行動」していますか?

自信をつけるためにも、まず「行動」なんです。

 

そして、人間の心(=脳)は、「体の動き」によって大きな影響をうけるという科学的事実があります。試しに次の2つのことを始めてみて下さい。

 

①「自信」があるようにふるまう

・常に姿勢を良く保つ

・笑顔を増やす

・声を大きくする

・自分を大きく見せる(身振り手振りを増やす)

・落ち着いて行動する

 

②すでに成功している人をマネする(成功者のようにふるまう)

すでに夢や目標を達成した人なら、

「どう考えるだろう?」

「どんな行動をするだろう?」

「どういう選択をするだろう?」

 

問題(と思っているもの)を解決する方法は一つだけではありません。

いくつでもあります。

悶々と考えていないで、「行動」しましょう。

私も日々、こう自分に言い聞かせることにしました。

言葉は言霊。

 

「大丈夫。わたしならできる。」

 

そして

 

きっと、あなたにもできますよ。

 

目の前の壁は、壁のように見えて

実は次への「扉」かもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です