人生で大事なもの。

 

それは「時間」。

 

みんな平等に与えられた時間は

一日86,400秒。

 

これを生かすためには「健康」であってこそ、です。

 

 

ここ数年、高齢になった両親の健康が気がかりです。

 

父は日本男性・平均余命を超え、現在84歳。

長年持病の管理をしながらも、健康で畑仕事をできるくらい元気です。

 

ところが、一昨年息苦しさが治まらず、かかりつけの病院を訪れたところ、違う薬を処方されました。

ところが薬が一向に効かない。

 

そこで、別の病院へかかったところ、「肺炎」でした。

 

もう少しこの診断と薬の処方が遅れていれば、危険な状態でした。

大事ですね。セカンドオピニオン。

 

母は夏に誕生日を迎え、78歳。

病気知らずで、70歳を超えても衰えを感じさせず、小さな孫をわきに抱えて小走りするくらい元気でした。

 

その母が、夏ごろから不調を訴えるようになりました。

元気が取柄で、健康に自信のあった母も、さすがに参っています。

 

これまた、かかりつけ医では、相談しても変わらずいつもの血圧の薬を処方されるだけです。

本人曰く、動悸がするというので、別の総合病院にかかりました。

どうも心臓に疑いがありそうです。

 

本人にしかわかりませんが、必ず自分の体が信号を出して訴えています。

「体の声」をよく聴くことも大事ですね。

 

両親にはいつまでも健康で、

孫の成長を一緒に見守っていてほしいと願うばかりです。

 

 

 

一方、私たち40代・50代は働き盛り。

日々の忙しさに翻弄されています。

 

私も、子供が出来てからは、子育てと仕事・学びたいことも増え

睡眠4~5時間は当たり前の毎日です。

 

60代・70代以降

みんな体が思うようにならず、日々の健康が大きな関心事になります。

 

両親を見ていると、

現役引退後の人生を豊かに過ごしたければ、

心と体のケアを、若いうちから意識しておくことは大事ですね。

 

そのためには、もちろん体に摂り入れるもの、

水や食事にも、気を配って予防することも必要です。

「予防医学」にも目を向けていきたいですね。

 

 

「医学」に目を向ければ、最近の医学の進歩はすごいのですね。

 

長年世界が研究に研究を重ねてきた「再生医療技術」は、

ようやく私たちの手の届くところまできています。

その可能性は計り知れません。

 

 

再生医療のすごさはこちらをご覧ください。

 

NHKスペシャル「人体製造~再生医療の衝撃~」(1分21秒)

https://www.youtube.com/watch?v=_cCvmY22OgY

 

人体の奇跡ですね。

 

この映像と同じ状況にある方にとっては、まさに「希望」

もしも現役世代が、この再生医療技術で若さを取り戻すことが出来れば、

それこそ今の平均余命を超えて、100歳になる日も近いかもしれません。

 

 

 

 

あなたも大事な「時間」を巻き戻し、

お金のために働くだけの人生から解放され、人生を楽しみたくありませんか。

 

ようやく現役引退して、

さあ、セカンドライフの自分の時間を満喫しよう! という時になって

 

「こんなはずではなかった」と後悔しないように。

 

私はお先にタイムマシーンに乗りますよ。

 

 

転ばぬ先の杖(Time Machine Line@

https://bit.ly/2IsTBJn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です