近年、日本文化が世界から脚光を浴びています。

 

日本の食文化は、世界遺産に。

 

日本特有の美意識は

日本庭園や伝統工芸品、和食の世界にもあり。

海外から訪れる観光客に人気です。

中には、日本の「わび・さび」に関心を持つ人もいるようです。

 

 

 

でも、この「わび・さび」の説明、できますか?

 

茶人・木村宗慎さんによると

さびは、見た目の美しさについての言葉です。この世のものは、経年変化によって、さびれたり、汚れたり、欠けたりします。一般的には劣化とみなされますが、逆に、その変化が織りなす、多様で独特な美しさをさびといいます。

 

一方、わびは、さびれや汚れを受け入れ、楽しもうとするポジティブな心についての言葉です。つまり、さびの美しさを見出す心がわびなんです。

 

 

また、言葉は民族のDNAです。

 

日本語には、「利他心」や「助け合う心」、「感謝の気持ち」が組み込まれているといいます。

 

例えば、「おかげさま・お陰様」は本来、神仏のご加護のことで、

仏教が説く「諸法無我(しょほうむが)」の意味を含んでいるそうです。

 

諸法無我

「世の中のものは全て単独で存在しているのではなく、関わりの中で生きている」

 

 

 

戦後、西洋の影響を受けざるを得なかった日本は、

経済的に豊かになった反面、失ってきたものも多いようです。

 

現代社会は「個の時代」と言われていますが、

現在は「個」に偏りすぎていて、

日本人本来の「和」を重んじる良さが失われているようにも感じます。

 

 

 

 

東日本大震災。

 

災害の現場では、日本人のDNAの素晴らしさを改めて思い起こす出来事がありました。

災害に見舞われながらも、礼節と秩序のある民族。

 

海外にも日本人の真の強さを知らしめる出来事でした。

 

本来、日本人の強さは、他人を思いやる心、互いに助け合う精神、団結力にあります。

 

各地から仕事を休んで、支援物資を運ぶ人々。

復旧作業のボランティアに全国各地から訪れる人々。

 

まさに、GIVE & GIVE。

 

 

変化が激しくなるこれからの時代は、

個人で立ち向かう時代ではありません。

 

同じ志をもつ仲間が集まり、

互いに助け合いながら、荒波を乗り越えなくては。

 

そして、国や社会を頼りにしていては、ここから先は生き残れません。

間違いなく、何かに依存している人から淘汰されます。

 

そのためにも、まずはそれぞれが自立ししなくては。

 

自立した個人が同じ志を持ち、

その集合体で未来を創造してきけば、日本の未来は大きく変わる。

 

 

その自立に必要なのは、マインド

 

 

そのマインド、どうやったら身に付くの?!

 

 

そのマインドを学べる場所を探すのは大変だと思いますか?

 

 

いえ、もうここにありますよ。

 

JSA(上昇アカデミー)

 

 

真の情報を、惜しみなく共有し、

利他の精神で、個々が自立する学びの機会を提供してくれる、稀有な場所です。

 

日本社会に影響を及ぼすほどのコミュニティーです。

 

 

このJSAに関する情報については、

私とWowAppで繋がってください。

 

このチャットアプリの使い方マニュアルを差し上げます。

 

 

WowAppで繋がる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です