2019年10月から、3歳~5歳児の

幼児教育・保育が無償化になりますね。

幼児教育で浮いたお金を、何か習い事に、

という方が増えているようです。

 

教育に熱心な保護者さまから、

私の英会話教室にも問い合わせが増えてきています。

 

2020年から小学校でも英語が科目化になるので、

それを早くから意識されているようですね。

 

 

いつでも親は子供の事を考えていますね。

「自分が出来なかったことをさせてやりたい。」

と願う気持ちも大きいようで。

 

仕事をしながら、いくつもの子供の習い事の送り迎え、

教育費のやりくり。

 

私も小学生の男の子二人の母親ですが、

周りのお母様方の熱心さには、頭が下がります。

 

たしかに、いろいろ習い事をすれば

将来出来ることの可能性が広がると思いますが、

 

それと同時に、

生きていくのに必要な知識や知恵を持つ必要もあると思います。

 

「金融リテラシー」です。

 

 

日本では、人前でお金の話をすると、はしたないとか、

「お金」についての話題がタブー視されてきていました。

 

これが、子供への教育にも大きく影響を与えていると思います。

 

今までの日本では、お金の教育がされてきませんでした。

 

国は有数の経済大国なのに、

個人レベルで見ると豊かさを感じているどころか、

将来への不安を抱えている。

 

そして、現実に定年を迎えた人達は、

充分な知識もないままに、投資や資産運用して

長年蓄えた貯金を溶かしてしまう。

 

 

 

こんな時代だからこそ、

 

自分の力で稼ぐこと や

お金にまつわる考え方や知識 は、

 

生きていくうえで必須だと思います。

 

だからこそ、きれいごと抜きで、

これからの子供たちにはこの分野の教育が必要だと思っています。

 

 

 

でも、どんなことを教えてあげればいいんでしょう?!

 

 

 

政府広報オンラインにこんなページを見つけました。

 

知らないと損をする?

最低限身に付けておきたい金融リテラシー

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201404/1.html#anc04

 

 

 

 

そして、

 

2019年の国民の金融リテラシー調査

https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/literacy_chosa/2019/

 

 

 

あなたがご両親から教わったことといえば

「倹約」「貯金」「借金しない」

というのが大多数ではないですか?

 

そもそも、経済活動は「お金を動かすこと」が大事で、

お金の流れが止まってしまうと、貧乏へのスパイラルです。

 

 

お金は賢く動かすもの

 

ですよ。

 

これを機会に少し学んでみようと思われた方は

以下の動画もご覧ください。

 

経済の仕組みがよくわかる動画(31分)

https://youtu.be/3FNgorqYiLM

(クレジット経済が経済成長を生み出すしくみ)

 

 

 

日本人は真面目に働いて得たお金を、たんまり貯金しています。

 

そして、来る10月には消費税増税。

ますます財布のひも堅くなり、消費が冷え込みそうですよね。

 

まさに貧乏スパイラル

 

 

 

 

ちなみに海外でのお金の教育、

学校で「株式投資についての授業」があるそうです。

 

最初は親の手伝いや、レモネードを作って販売したりして、

まずは10ドルを用意する。労働による収入ですね。

 

その10ドルで買える株に投資するんです。

 

 

株を買う時の基準は、

家族が長年愛用しているものを作っている会社

 

だったり、

将来娘が生まれたとして、

娘をその会社の社員にお嫁に出してもいいと思う会社

 

を自分で選んで、実際に株を買うんだそうです。

 

株式投資を通じて、経済活動や、社会への関心も高まりますよね。

 

 

 

今の日本には、

「本当の投資」を教えてくれる所がありませんよね。

だから、投資といえばリスクというイメージが強いんです。

 

 

本当の投資は一か八かのギャンブルじゃありません。

「決まった結果のためにお金を投げる」ことです。

 

凡人に集まる情報の99%が、嘘か詐欺だから、

投資=ギャンブル と思っているだけです。

 

1%の有利な投資情報は、富裕層や成功者のところにあります。

だからこそ、本物の情報は上流から、一部の下流に流れるんです。

 

 

ただ、その貴重な情報を得たとしても、

凡人には非常識(信じられない情報)で、

それまた「ギャンブル」だと思ってしまうのですが・・・。

 

 

私がこんな世間のカラクリを知り、

本物の情報を得られるようになったのは、

 

ここで学んでいるからです。

JSA上昇アカデミー

 

 

いずれ、子供たちにもお金の教育ができるような場所が

できればいいなと思っています。

 

もしなければ、作るしかないですね。

 

そのためにも、まずは親世代が実践で学ぶことです。

 

そして経済的な自由と、時間的な自由を得た後は、

大切な家族との時間を増やしたり、

本当にやりたいことに時間を使えるように。

 

 

 

近い将来、

「金持ち母さんの教え」を子供たちに伝えたい。W

 

 

 

お金の教育に関心のある皆さん、

ぜひここからわたしと繋がってください。

 

WowApp

 

JSA上昇アカデミーで学びたい方はこちら。

JSA上昇アカデミー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です