いよいよオリンピックの東京開催まで、一年を切りました。

 

日本ではカウントダウンも始まり、開催日まではますますお祭りムードに包まれるでしょう。

 

これからますますオリンピック景気に湧くという期待とは裏腹に、

警戒すべきは、開催国のその後の景気がほぼ例外なく悪化するという過去の事実。

 

あなたはご存知でしょうか?

 

 

 

先にお伝えしていた、経済の70年周期理論でいわれる経済制度崩壊リスクと、

もしタイミングが一致するようなことがあると、もはや何が起こってもおかしくありません。

 

ハイパーインフレーションで、ペットボトル飲料1本が40万円?!

ジンバブエやベネズエラでは、食品を買うのに札束が必要になりました。

 

 

 

 

預金封鎖で現金が使えなくなる?

過去の日本の歴史には、預金封鎖がありました。

 

 

「けふから預金封鎖」

 

 

 

 

もちろん、この不安定な時期を無事乗り切ることが出来れば良いのですが・・・。

 

あなたは、何もせずに、

 

今までと変わらないルーチンを繰り返して過ごしますか?

 

最低限、予測できるリスクには備えておきませんか?

 

 

 

 

とはいえ。

 

どうやってリスクに備えるのか?

 

 

 

 

 

それは、例えば

 

「労働収入に頼らない稼ぎ方」

 

「法定通貨に頼らない資産の増やし方」

 

 

 

 

 

貧乏脳の人は、いつまでも「労働収入」でしか稼ぐ方法を知りません。

それだと、あなたに「自由」は一生訪れません

 

 

貧乏脳の人は、いつまでも「現金主義」です。

それだと、経済システムが変った途端に、「一文無し」になる可能性もあります。

 

 

 

これからの時代、

 

「常識」や「思い込み」に縛られ続けること、

「情報」を取らないこと、

「行動しない」こと、

 

これらは今のあなたの

 最大のリスク です。

 

 

 

オリンピックまでの357日、

時間にして 8,568時間、514,080分、30,844,800秒。

 

あなたの貴重な限られた時間を、

少しでもリスク回避に向けた「新しい学び」と「行動」に使いましょう。

 

 

 

 

もちろん、このリスクが現実とならないに越したことはないんです。

 

でも、これをきっかけに、あなたは貧乏脳から抜け出し、

オリンピックの盛り上がりと共に、人生最大の上昇気流に乗ることが出来るかもしれません。

 

常に「チャンス」はリスクとともにやってくる んですよ。

 

 

 

 

チャンスをものにするためには、

 

「常識」を疑い

「源流の情報」を取り

「考え」

「行動」し

自分で人生の舵取りをするんです。

 

2020年7月へのカウントダウンです。

 

 

 

 

情報と常識外れの仲間が集まるJSAとは?

 

毎日こちらから情報配信しています。

WowApp(チャットアプリ)

 

友だち追加

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です