二か月近い自粛生活を強いられて、

いつもよりは人生を「考える」時間ができたでしょうか?

 

見えない将来に対する不安や恐怖がありながら

何もすることなく無駄に時間を過ごして

その気持ちをごまかし続けるのでしょうか?

 

世の中には、「考えていない」人が多数です。

 

「考えていない」から、

コロナ自粛という事態に陥って、にっちもさっちもいかなくなるんです。

 

2020年の時代が大きく変わろうとしているこのタイミングで、

左側にいる人(E・Sクワドラント)は、

右側に行くことを真剣に考えるタイミングです。

 

このブログの記事をご覧ください。

 

https://blog.jyosho.xyz/2018/04/05/5882/

この記事を読んでどう感じましたか?

 

 

何も考えなくていい「左側」から「右側」へ行くには、最低でも十余年かかります。

 

私はこの概念を知り、自分が左側にどっぷりつかっていることに気づいてから、

何をどうすればいいのか、思考錯誤してきました。

すでに現在で十余年が経過していました。

 

でも、ようやく2年前にたどり着いたのです。

左側から最短距離で脱出できる方法に。

 

ただ、人生おおよそ50年弱をぬるま湯に浸かって過ごしてきたので、

そう簡単に抜け出せるものではありません。

 

でもこれこそ本当に自分を変えていくうえで、

必要な時間だと思っています。

いろんなことにチャレンジしました。

マインドも徐々に鍛えられてきました。

 

それは「考える」こと、「変化する」ことを前向きに受け入れてきたからだと思います。

 

正直、私はそんなに器用ではありません。

何かを体得するまでに、人並以上に時間がかかります。

でも、一度決めたら、体得するまで諦めません。

 

Jカーブの底か?

と思うようなことも数回ありました。

 

それでも、進み続けました。

 

ようやく右側への足がかりができました。

希望が見えた瞬間に、右側へ行けるという確信が生まれてきました。

 

それも上昇学に出逢ったおかげです。

 

今、強烈な神的案件で、数か月で右側へ行く人も続出しています。

そして、今後さらに加速するシステムが着々と構築されていっています。

 

これからこの流れに巻き込まれていけば、

どんな世界が見られるのか、楽しみで仕方がありません。

 

お金のために働かない。

 

志事や奉仕事ができる幸せ

 

あなたもそんな人生にシフトしていきたいなら、

ここから箱船に乗船してください。

 

5月13日には出航が決まっているので、これについては「考えている」暇はありません。

生きているうちに右側の世界を見たい人は、もれなく乗船してください。

 

乗船切符をこちらからお渡しします。

 

WowApp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です