幸せの定義って人それぞれだと思いますが、

あなたは何をもって幸せと感じますか?

 

心身ともに健康であること?

 

人間関係がうまくいっていること?

 

経済的に豊かであること?

 

時間もちであること?

もちろん、健康・人間関係・経済・時間、どれもがバランスよく整っていることですが、

さらに〇〇これがあれば、より幸せを実感できます。

 

 

 

なんだと思いますか?

 

少し考えてみてください。

 

 

 

 

 

自分自身に成長を感じられること!!

人間の欲求といえば、マズローの欲求五段階説が有名ですね。

 

 

 

第五階層:自己実現欲求

自分の能力や可能性を開花させて「あるべき自分」になりたいと願う欲求。他者に何かを求めるのではなく、自分自身の活動や成長などに目を向けて、自己実現に向けて行動する。

 

自分の成長を感じるには、「学ぶ」こと抜きにはないと思います。

 

学びの上で、知らないものを知り、体験し、考察して、また学ぶ。

学びの中で「考える」ことこそ、人間と動物を大きく区別するものであり、

人間として生きていることの証です。

 

でも、日々忙しさに追われて、この「考える」ことをないがしろにしていませんか?

 

では、どうすればいいのか。

 

アウトプットの習慣化」です。

 

何か学んだことをより深く定着させるには、

学んだことを自分の言葉で説明したり、人に教えたりすることだ、とよく言われます。

 

実際そのとおりで、

よくわかっていない時には、うまくアウトプット出来ないものです。

 

でも、それは伝えようとして初めて気づくもの。

そんな自分に気づくだけでもまずは成長。

 

そこから、アウトプットを前提としてインプットするようになります。

 

つまり、アウトプットを意識すると、

 

アウトプット(たとえば発信)は誰のために?

 

 

もちろん、自分の成長のためであり、

もしかしたら、生きているということの証 なのかもしれない。

 

あなたが、人生で何を学び、どう考え、何を感じ、どう生きているのか。

 

 

記録を残していけば、子供達に遺す知恵という「財産」になるかもしれない。

 

「発信すること」

 

それは、自分の進化成長を感じながら、後世に遺すものを創っていこと。

場合によっては、多くの人の共感を得ること。

 

スゴイですよね。

 

 

私も人生折り返し地点を過ぎ、今まで学んできたこと、これから学びたいこと、

まだまだ子供たちに伝えたいことが沢山あります。

 

「人生をどういう在り方で生きるか」を伝えることのほうが、

お金を遺すよりも大事だと、私は思っています。

 

いかがですか?

 

人生に幸せのスパイスをきかせるためにも、

ぜひあなたなりのアウトプット、してみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です